2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2012.05.04 (Fri)

■ 祭り? いや虐待 ■ 

富山県射水市、加茂神社で行われた豊作祈願の奇祭「牛乗式」(うしのりしき)。
青竹の弓を持つ甲冑姿の「田の神」が乗った黒牛を引き回し、力づくで牛を地面に組み伏せることで
この地に神がとどまり、五穀豊穣になるという。
当然ながら牛は嫌がり暴れますが、最後には十数人の若者に抵抗むなしく組み伏せられます。

うしさん虐待祭り




日本でここしか行っていない奇祭らしいですが、こんな事あちこちでされたらエライ事ですわ。

大勢の人間様が嫌がるうしさんを押さえつける行為が虐待でなくて何?

“牛つぶし”とも言われている祭りらしいですが。。。

人間様の世界では“祭り”や“伝統”や“文化”って『大義名分』があれば動物虐待もOKなんでしょうね。

うしさんにとっては神様って何なんでしょうか?

神様は人間様だけの為にいるのでしょうか?

未だにこんな虐待が平然と観光行事や祭りとして行われ取り上げられている。

じゃー、街中で首輪をした犬をリードで無理矢理引っ張り回し、最後に何人かの人間がその犬を無理矢理

押さえ込んでいる光景を見たらどう思いますか?

祭り? 祈願? 躾? なんて思わないでしょう。

やはり大義名分があるから祭りとも言えるし、観光行事としても人が呼べるんですよね。

 


EDIT  |  22:54  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。