2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2007.07.20 (Fri)

■ リード=手をつなぐ ■ 

動物のお医者さん日記より転載させていただきました。

考えさせられる記事があったので、mixiやっている人は是非覗いてみて下さい。
英国の動物病院から情報発信
「責任と後悔は全て、飼い主の掌に」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20474417&comm_id=492061

 「自分が可愛がっている家族同然の動物をひもや綱なんかでつなぐのはかわいそう。」と思われる人は多いと思いますが、動物をつながずに散歩することは、手をつながずに幼い子供と道を歩くことに等しいと思います。動物も幼い子供同様、目の前に突然刺激的な光景が現れれば、反射的に飛び出します。そして、その際に起こる悲劇は重大で、他人が見ていても心が痛むほど悲惨です。動物をつないで散歩するというのは、他人に迷惑をかけないためということ以外にも理由があるのです。
 ドッグラン以外で動物をつながず散歩させている人は、今一度、他人にとってと同様、動物にとっても本当に大丈夫なのかどうか、見直してあげて下さい。
 因みに私自身は、「動物の権利を認めてやりたいのであれば、愛玩動物として飼育することにも反対」という立場ですが、飼育するのであれば、せめて動物嫌いな人との共存と飼育されている動物自身が生きている間の幸福を考えてやるべきだと思う者です。

もっともです。

それと大切なワンちゃんが迷子になりその後、無事に帰宅できた方のブログ記事です。
史上最強の主婦Marico
ブログ以外もとても勉強になる事が載っていますので宜しければご覧下さい。

迷子になったワンちゃんの代わりはいません。
二度とこのような思いをされる事が無いように読んでいただければと思います。
リード・名札・マイクロチップなど出来る事はしとくべきですね。

EDIT  |  18:37  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。