2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2012.01.17 (Tue)

■ 政令・省令の改正 ■ 

<ペット>老犬・老猫ホームも規制対象に 閣議決定

毎日新聞 1月17日(火)11時15分配信
 政府は17日、高齢の犬や猫などを世話する「老犬・老猫ホーム」業者や、ペットの売買をあっせんする
「オークション業者」を、動物愛護管理法に基づく動物取扱業者に追加する政令を閣議決定した。
また、販売目的で夜間(午後8時~午前8時)の店頭展示を禁止することも求めた省令も近く改正する。
施行はいずれも6月1日。

 ペットも高齢化すると反応が悪くなったりするため、「介護」を引き受ける老犬・老猫ホームの需要が
高まっているが、未登録のケースがある。
そこで、安全で快適に過ごせるよう、設備など一定の基準を満たすよう求めることにした。
今後、知事などに届け出し、登録を受ける必要がある。
環境省は数十業者が対象とみている。

 一方、ペットの購入先でオークションを利用する人が増え、取り扱う業者を新たに規制対象とした。

 夜間販売の禁止はペットに与えるストレスを考慮した。




ニュースを転載させていただきました。
少しずつですが、どうぶつ達の為に変わってきてますが、“命”をオークションで販売する事自体
が大きな問題
として取り上げられなければならないと思います。

‘どうぶつ’はまだ‘動物(物)’なんですね。

展示販売も同じで、昼間であっても親から話され不安な仔犬・仔猫などにとってはストレスが大きいです。
そして、展示販売は衝動買いを招き、意識の低い連中が、おもちゃを買うように買い、飽きては捨てるような
事が発生してしまう。

政令・省令の改正は、無いよりあった方が良いのですが、もっと踏み込んで法律も大きく改正して欲しいですね。

EDIT  |  22:15  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。