2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2010.01.22 (Fri)

■ 神事とは? ■ 

上げ馬

上げ馬神事から虐待をなくすキャンペーンより

「上げ馬神事」とは
三重県の多度大社と猪名部神社の例祭。
各地区から選ばれた少年騎手6名が2日間にわたり計18頭の馬に乗り、約100Mの直線馬場の先に
ある絶壁をこえ、その成否で作況や景気を占うとされます。
別名を「上げ坂」といい、古くは絶壁はなく坂を駆け上がっていたとの考察もあります。
歴史が古く珍しい行事であることから近年、三重県が無形文化財に指定しました。

なぜ改善が必要なのか?

理由 馬の虐待

近年の「上げ馬」観光名物となり、「人馬一体で絶壁に挑む」「勇壮な祭」という
キャッチフレーズで観客を集めます。
しかしそれを演出するため、「動物愛護管理法」に違反する馬の虐待が本番前から行われます。

*みみず腫れがつくまで棒で殴り、脅かす
 馬が逃げられないよう押さえつけ、硬い棒で尻や股をめった打ちにする、典型的な暴力による虐待。
 主催者は禁止していますが、監視がなされません。馬の目の前で笹竹をふるい極度の恐怖を
 与える行為もみられます。

*興奮・刺激性の薬物でドーピングする
 1996年、興奮剤注射によるドーピングが発覚、中止の申し合わせがされましたが、
 今も一部で使用が疑われます。
 ホウタンと呼ぶ刺激性の赤い調合薬も鼻腔や口腔、陰茎に塗られます。
 アルコールを無理やり飲ませることもあります。薬物で馬の能力を操作する「ドーピング」は
 馬保護の観点から許されず競馬や馬術では厳禁で、一部の薬物は所持することも違法です。

*「ぶっつけ本番」で危険な障害物に追い立て、致命傷を負わせる
 上げ馬の坂は勾配約30度、壁の高さは約2m。当日、中央を凹ませ高さ1.5~1.6mにします。
 数年前より低くなったとはいえ以前として常軌を逸した構造です。
 ぶつかれば重傷を負う障害に馬を向けることは馬術でも競馬でも行いません。
 「固定障害」の高さはトップクラスでも1.2mで、これ以上は落下するバーか柔らかい生垣等で作ります。
 未訓練の馬にはどんな障害も危険ですが、「上げ馬」の馬は何の訓練も受けず、ドーピングと暴力で
 文字通りの「ぶっつけ本番」で崖に追い立てられます。
 結果、多くが壁に激突あるいは転倒し、致命傷を負う馬が例年出ます。

*失敗した馬をロープで吊り上げる
 猪名部では「上げ馬」を成功させるため、崖下で止まった馬にロープをかけて吊り上げます。
 丸太同然に扱われる馬は恐怖と苦痛でもがき、後ろ向きに転倒することも。
 主催者は禁止していますがなくなりません。

*致命傷を負った馬をクレーンで吊り上げ搬出
 重傷で立てない馬に安楽死処置も鎮痛処置もとらず、生きたままクレーンで車で搬出。
 吊り上げる途中で落下することもあります。




神事?
これだけの虐待と言えることを“神事・伝統・文化”を理由に行って良いのか?
“神事・伝統・文化”を語る前に命の尊厳はどこへ。

伝統や観光資源を守ることは理解できますが、あまりにもどうぶつを無視した道具扱いの神事は
本当の神事なんですかね?

神様がこのようなことをして喜ぶのかな...認めているのか...

これが県指定無形民俗文化財の「上げ馬神事」。

どうぶつ虐待も文化財ですか。

見ていられません。

EDIT  |  16:06  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。