2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2009.08.14 (Fri)

■ またやってます中国人さん ■ 

中国人がみんな、こんな事に喜んでいるわけではないでしょうが、
人間として残念です。

また虐待の国では、金儲けの方法にこんな事でもします。

縁起を担ぐためと称して、魚に刺青をし、金儲けをする。この国は金儲けがすべてに優先するので、毛皮とかペットの美容整形とか、川に廃液を流して、魚がトン単位で死のうがお構いなし。

ショップの社長曰く「この魚は生命力の強い魚なので5年は生きるが、刺青を施すと恐らく長くは生きられない」だとさ。
解っててする?

"命の尊厳"って何?

中国人が商売上手なのはわかりますけど、優秀な商人である前に人の心を持って欲しいですね。




irezumi kingyo

「虐待」批判も、レーザーで「刺青」された熱帯魚が人気―四川省成都市

2009年8月14日(金)18時28分配信 Record China

13日、魚体の表面に鮮やかな文字を焼き付けた「刺青熱帯魚」が四川省で人気を集めているが、市民からは虐待との批判も出ている。写真は杭州で売られる刺青熱帯魚。

2009年8月13日、華西都市報によると、四川省成都市のペットショップで魚体の表面に縁起の良い言葉や図案を浮かび上がらせた観賞用の「刺青熱帯魚」が高値で取引されているという。

成都市の青石橋ペット市場にある数軒の熱帯魚ショップでは、人工的にさまざまな模様が描かれたキャッシュカード大の熱帯魚が売られている。稚魚の頃にレーザーで色を焼きつけた「刺青」であるため、その模様はずっと色落ちしないのが特徴。草花、虹、幾何学模様といった図案や、縁起の良い言葉「福禄寿喜」「生意興隆(商売繁盛)」「万事如意」などの漢字が1文字ずつ入った熱帯魚が売られている。熱帯魚は通常10元(約140円)ほどだが、「刺青熱帯魚」は縁起物ということで最低でも25元(約350円)の値段がつけられている。

この刺青熱帯魚が初めて市場に出たのは2005年ごろ。ここ2、3年の間に贈り物として定着し、旧正月には両親や親戚、友人へのプレゼントとして飛ぶように売れたという。だが「レーザーで魚のうろこに傷をつけるのは残酷で、自然の摂理に反する」「金儲けのために魚を人工的に飾りつけるべきではない」と反感を抱いている市民も多い。専門家は「レーザー照射が魚に与える影響についての研究はされていないが、魚の皮下組織と病原菌に対する抵抗力に何らかの影響が出るはず」と指摘している。(翻訳・編集/本郷)




まともな中国人の方々は声を上げてください。
中国が世界の先進国の一員となりたいのなら、こんな残酷な事を世間が許していたらいつまで経っても昔のまま。

買う人が居るから売る人が居る。

熱帯魚を見ながら微笑む親子らしい人。世界に恥かしい顔が配信されてますよ。




EDIT  |  23:23  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。