2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2009.01.08 (Thu)

■ "命"の誕生を冒涜 ■ 

焼鳥
昨日にアップした焼鳥屋の現地調査へ行ってきました。

炭火で焼かれる鳥さん。

酷い。悲しい。

同じく食肉のニュースで。。。




飛騨牛の種雄牛、クローン誕生=長期凍結保存の精巣利用-岐阜県畜産研と近畿大
1月6日22時19分配信 時事通信

 岐阜県で生産される黒毛和種肉牛「飛騨牛」の元祖とされる種雄牛「安福(やすふく)」と遺伝情報が全く同じクローンを誕生させることに、同県畜産研究所(高山市)と近畿大が6日までに成功した。安福は1993年9月に死んでおり、凍結保存していた精巣の細胞を利用して「復活」させた。

 マウスでは、クローンマウスを世界で初めて作った理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の若山照彦チームリーダーらが昨年11月、16年間凍結保存されていた死骸(しがい)からクローンを作ったと発表したが、牛では世界的に珍しく、画期的な研究成果。

 畜産研究所によると、安福の血を引く種雄牛は計約150頭で、全国の黒毛和種牛の3割以上が安福の子孫に当たる。しかし、子孫の代を重ねるにつれ、優秀な肉質を生み出す安福の遺伝情報が徐々に薄れる。このため、遺伝情報が同じクローンを再び種雄牛として利用できれば、高い肉質水準を維持しやすくなる。

 畜産研究所と近畿大は、凍結保存していた安福の精巣の細胞から、DNA(遺伝情報)がある細胞核を採取し、あらかじめ細胞核を抜いた卵子に移植してクローン胚(はい)を作成。雌牛の胎内に入れ、4頭のクローンを誕生させた。現在もこのうち3頭が生存している。

 クローン家畜の肉や乳の食品としての安全性をめぐっては、米食品医薬品局(FDA)や日本の農林水産省研究班などが通常の肉や乳と同等との報告書をまとめており、内閣府の食品安全委員会が厚生労働省の要請で評価作業を行っている。

 ただ、政府が安全と結論付け、市場流通を認めても、遺伝子組み換え食品の場合と同じように、消費者が受け入れるかどうかは不透明だ。 




"命"を人工的に操作してしまうとは恐ろしい話。

結局は"金"の為に命を操作してしまっている。
テレビで映し出されている仔牛たちが見ていられませんでした。
完全に"物"です。メディアの報道も!!
「上質な肉ができる」って伝えるだけで"命"の誕生である事が置き去りにされた報道でした。
所詮メディアもこんなものだったんです。がっかり。

どこまで人間は"命"の誕生を冒涜するのでしょうか?

このような事が受け入れられると、優秀なサラブレッドのクローンで一儲けって考える奴や、フセインやヒトラー・ビンラディンなどのクローンを沢山つくり、それで悪い事考える事もできちゃう。

映画の世界みたいな事が近い将来起こるのでしょう。

EDIT  |  23:24  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。