2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.10.27 (Mon)

■ 中国で起こっていること ■ 

かるさんのブログ★ワンとの想い出★と共に「殺処分0」を目指しますより転載させていただきました。

狂犬病相次ぎ、犬1万匹捕殺 中国雲南省
すでに11500匹が殺されています。
雲南省弥勒県では9万匹の犬が飼われていると言われています。
この90%以上の犬たちはすでに狂犬病のワクチンをうっているそうです。
にも関わらず、県内の全ての犬そして猫も殺せという事です。

※写真は今年の7月 オリンピック開催の1ヶ月前に数十万匹の犬が殺された「大量犬虐殺」 の時の写真です。

10104553199_s.jpeg

10104553301_s.jpeg

全く同じ時期(7月11日)に北京国際ニュースセンターで同日開かれた記者会見の席上、北京市旅游(観光)局の熊玉梅(シオン・ユーメイ)副局長は記者からの質問を受け、「関係部門からの要請があり、「犬は人類の友である」と言っていたのに裏では全く逆の事を堂々とやっていた中国政府。



最近、やたらと中国産食品の問題がニュースになっています。
「中国産たまごからメラミン基準の2倍」 でも、こんな事は当然だったのです。

明るみに出るのが時間の問題だっただけで。

中国の川は色々な色をしています。
ムービーの中間で警告!が出ます。
その先は個人の自己責任でご覧ください。

「中国の真実」 


このムービーを全て見た方はきっと2度と全ての中国製品を

買うまいと思う事でしょう・・・・・・・・。


「意見書(参考)」

「在日中国大使館 ホームページ」


中国大使館宛 メールアドレス
info@china-embassy.or.jp


以上、転載記事です。

*****************

犬に対する扱い(犬以外のどうぶつもですけど)、全く理解できません。
狂犬病の対策の為に狂犬病のワクチンをうっている犬まで殺されるなんて...
こんな行為だけでも中国に対するイメージが最悪なのに中国食品(製品)までこのありさま。


このムービーを見るまで中国食品(製品)の話題は日々耳にしていますけど、一部体調を崩す程度かな?って甘くみていましたした。(反省)
現実をこのムービーを通じて中国の環境汚染が、どうぶつや人間の身体にどれほど影響を及ぼしているかを知りました。
このままでは中国だけではなく隣国や地球全体の環境・どうぶつ・人間にも大きな影響を及ぼすのは時間の問題と思います。
中国人がみんな悪い人とは思いませんが、長い歴史の中で完全に他の国の人と考え方の次元が違って身についてしまっているのでしょう。
その人たちに、他国の人間が他国の常識やモラルを言っても受け入れがたいのでしょう。
現実に中国での常識を主張されても日本人には理解できない事ばかりですもんね。
だからといって、ほっとくわけにはいきませんので少しずつでも行動をしていかなければ何も変わらないと思います。


中国で真面目に一生懸命、働いている方には申し訳ありませんが、100%は無理かもしれませんが、中国製とわかるものは買いません。

EDIT  |  18:50  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。