2017年03月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.08.29 (Fri)

■ 「菜食のススメ」① ■ 

img_buta2.gif
どうぶつ愛護のブログを始め、多くの情報やお話など聞き40歳を過ぎて肉食を止め、今は完璧なビーガンをめざし、どうぶつ性食品も殆ど摂らなくなりました。
※現在は自称〝なんちゃってビーガン〟の段階で、勉強不足から原材料を見ても解らずに摂取している時や、宿泊先やお呼ばれの席で断れない場合は頂く事もあります。

多くの情報を得る中でこのサイト「菜食のススメ」より、多くを知りました。
今日から時々、内容を紹介したいと思います。
今日はQ&Aを1つ

転載--------------------------------

Q:犬猫などのペットとは違い、牛や豚などは食べるために作った動物なのでは?

A:日本では犬や猫を愛玩動物と思っていても、外国ではそれらを食べるものとして見ている国もあります。
また、日本は馬やクジラやイルカを食べますが、外国から見ると、犬・猫を食べていると同等に残酷な事なのです。牛などはインドでは神とあがめられ、絶対に手をかけることはありません。
イスラムを信仰する人は豚を食べません。
畜産動物に生まれようが、ペットとして生まれようが、どちらも同じ生き物には変わりありません。
国や考え方が変われば食べ物が変わるのに、全人類がどんな動物を食べて良いといったい誰が決めることができるのでしょうか?
国や地域の風習や地域によって異なる価値観、先入観の無い自然界のレベルから見ると、ペットを殺す行為と、家畜を殺す行為はまったく同じと考えられます。

--------------------------------

種差別ですよね。
人間がそれぞれの立場から風習や価値観によって、殺して良いどうぶつと悪いどうぶつを区別する。
どうぶつを殺す行為は同じです。
今日食べるスーパーのパックに入った肉は、家族として暮らしているわんちゃんネコちゃんと同じどうぶつ・・・命・・・です。

食物連鎖・・・・・?
自分で殺せないなら食べない。

EDIT  |  14:17  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。