2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.08.10 (Sun)

■ NO MORE NAGASAKI ■ 

20080809-00000037-jnn-soci-thumb-000.jpeg

8月9日長崎は63回目の原爆忌を迎えました。
私は広島も長崎も原爆については体験しておりませんが、いづれもその地を訪問した事があり、原爆の恐ろしさを少しは感じ、これを決して忘れてはいけないと思っております。

昨日、多くのテレビニュースで長崎の原爆を経験されている方のインタビューが報道されていましたが、その中でであるお年寄りの方が言われていた言葉が、ありきたりかもしれませんが、すごく胸をうちました。
「若い人はもっと命を大切にしてほしい」  ※実際の言葉と少し違うと思いますが

そのとおりです。

自分の命も他人の命もそして、どうぶつや魚・昆虫など命あるもの全てに対してだと私は思います。
(若い人だけではありませんが)

この気持ちがあれば、物も大切にし資源も大切にし、当然戦争や争いはなくなってくるんでしょうけど。
ただ、人間は“欲”の多い生き物なので難しいかもしれませんが...

とにかく、原爆の悲劇を知っている国民として世界の核兵器廃絶を願います。

長崎市の田上富久市長が平和宣言で述べられた、医師として被爆しながら救護活動に尽力した故永井隆博士の言葉を引用した「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである」に共感します。

決して忘れてはいけない事です。核兵器・戦争の怖さ悲惨さを伝えなければなりません。
ナガサキ・ピースサイト「原爆・平和2008」
証言集「私の被爆ノート」
広島平和記念資料館
バーチャル・ミュージアム

心より広島・長崎で犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

EDIT  |  10:50  |  ひとりごと  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。