2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2011.03.18 (Fri)

■ その気持ちを分けてあげて ■ 

毎日、東日本大震災の情報が届き、被災地のどうぶつ達の情報も僅かではありますが、
伝わってきています。

津波で命を落とした仔、大変な被害を受けながらも生き延びた仔、命は助かったけど迷子や
置き去りになった仔、飼い主を探しながら事故で命を落とす仔、避難所にいても肩身が狭い仔など
人間以外の命の話題も耳にします。

人間が優先されるのはやむ終えないのですが。

そんな情報を目に耳にした時、“かわいそう” “助けてあげて” “何とかして”思うと
思うのですが。

でも、そう思っていただける仔や何とかして貰える可能性のあるどうぶつ達はまだ幸せな方で、
人間社会の影で食肉・動物実験・毛皮製品などの殺されるだけの為に作り出される命の事を
少しだけ考えて、少しだけでもその気持ちを分けてあげて、行動してください。

完全には無理だと思いますが、肉を食べる日を減らす、動物実験をしていないメーカーの商品を選ぶ、
小物や飾りでもリアルファーの商品は買わないなど、できる事は結構あります。

少しでも行動に移していただけると、その分殺される命は減るのです。

今度の震災でも判るように、国民の一人ひとりが、何か自分にできる事をしようって、
少しずつ実行することが大きな支援にもなっています。
その何かできる事をどうぶつ達にも少しずつでも気持ちと行動にして分けてあげて欲しいと
願っております。

最後に、この震災により多くの方、そしてどうぶつ達の尊い命が失われたことに、
深い哀悼の意を捧げます。
同時に被災された皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

スポンサーサイト

EDIT  |  21:00  |  どうぶつ  |  Top↑
2011.03.16 (Wed)

■ 大地震 小さな命のために。 ■ 

小さな命のために。

東日本大地震後、心配していたどうぶつ達の為に、現地に向かういくつかの
団体やボランティアの方がおられます。

みんな小さな命の為に行動を起こしているのに、ネット上ではあーでもないこーでもない
って、ネット社会の悪い点でもあると思います。

なかでも誹謗中傷を受けている団体には、私も1日だけですけど、お手伝いに行ったことが
あるのですが、保護されている仔達はもちろん犬舎や器具も綺麗に管理されており、
悪い印象がなかったので、あまり誹謗中傷には良い気持ちはしませんでした。

この団体を含めてタレントの杉本彩さんが、とても気持ちのこもった記事をアップされております。

私が思っていることを全て書かれており感銘することができましたので記事をリンクしております。
長文ですが、ごらんください。


杉本彩のBeautyブログ 

このなかで、特に同感な文は

「どこの現場に行って、どれだけの人間の犠牲になった動物たちを救われたのか、
 どれだけそこから里親に譲渡されて、幸せなペットとして生きる道を作られたのか、
 ということにしか真実はないのです。」

「私は、そういう現在の活動や行動の、動物愛護に有効な事実にしか興味がありません。
 人にどうこう言うのでなく、その個人が信じないなら信じるな!信じるなら信じろ!
 ただそれだけのことで、信じて寄付したい人はすればいいし、悪徳と思うなら寄付するな!
 という当たり前のことでしょう。」

「寄付金の使い方まで、ああだこうだと、この犬たちのため以外に寄付金を使うな!
 違うところから来た保護犬には使うな!スタッフのためには一切使うな!
 と、寄付する人間のあり方さえわかっていない人も大勢います。」

本当に自身の発言の影響力が大きい事を理解し、非難の矢面に立つ事も覚悟の上、
それでも命を救う活動を守る為に、自分お考えをはっきり表現されていて涙が出る
思いでした。
ハンドルネームや匿名で言いたい放題する輩と違い、顔も名前も全て知られている方が
堂々と発言する内容は、それだけでも信用度は違うのではないでしょうか?
(当然、個々の調査や考えはありますけど)

今一番大切で優先される事は、どんな人でもどんな団体でも、小さな命を救ってくれる方
を応援したい。

だって、自分には願うことしか今はできないから。

EDIT  |  22:36  |  どうぶつ  |  Top↑
2011.03.13 (Sun)

■ 東北地方太平洋沖地震で家を失った被災動物たちに支援の手を ■ 

ARK NPO法人アニマルレフュージ関西より転載




「東北地方太平洋沖地震で家を失った被災動物たちに支援の手を」

3月11日に発生した大地震により、東日本地域を中心に各地で甚大な被害が発生しました。
被災された方々には、心からのお見舞いを申し上げるとともに、心ならずも命を落とされた方々に、
深い哀悼の意を捧げます。

私共アークの職員は、現時点では、現地の被災状況をテレビ報道で聞きながら、東京方面その他の
関係者と連絡を取り合っている状況です。
地震災害に対する経験の豊富な日本をフィールドに活動してきた私共も、これほどまでの災害を
前にしては、いったい何から手をつけて良いのか、本当に途方に暮れる思いでおります。

1995年1月17日に、アークの活動拠点のある阪神地域において、阪神淡路大震災が発生しました。
その当時の状況を考えると、恐らく今回の地震でも、住む家を失ったペットたちの数は相当数に上ると
想像されます。

どの災害においても、最初には人命救助が最優先され、安全な地域への避難と、ライフラインの復旧活動が
そのあとに続きます。
阪神淡路大震災の時には、避難所への移動が一段落した時点で、被災したペットの行き場を求める問い合わせ
が多く寄せられました。
また、人がいなくなった後の被災地にとり残され、地元の人によって救出された犬猫も多数ありました。
震災後の1年間で、アークは600匹に上る動物たちを被災地から受け入れました。
その中には、犬猫以外に、ウサギや鳥なども含まれていました。

そして今回、東日本の広域を襲った大災害をうけて、現在アークでは、被災したペットたちのための、
一時的な受け入れ場所の準備を急ピッチですすめています。
現時点で、ある程度の受け入れ場所の目処と、動物たちのお世話にあたる人員の確保の目処はついています。
今後は、仮設のペット避難所の設営と、東北地域からの動物の輸送手段と、その実務に携わる人材の確保を
早急に進めなければなりません。
特に被災地からの動物輸送経路の確保は、主要な交通網が断絶した現状では、非常に切実な問題です。
阪神淡路大震災の時には、ヘリコプターを使った動物輸送も実施されました。もしかしたら今回も、
同様の手段をとらざるを得ないかもしれません。

私共は、これまでアークがつちかってきた経験とノウハウを最大限に活かしながら、救える限りの
被災動物たちを救いたいと考えます。

この機会に、皆様からのご支援を呼びかけます。
被災ペットの救援に向け、活動資金の寄付をお寄せ下さい。
また、可能な方は、これまでの経験を活かして、ボランティアとして私共の活動を支えて下さい。

郵便振替口座番号:00970-2-267840
大規模レスキュー

PayPal (ホームページ右側のリンクより)
目的欄に「被災動物たちへ」とご入力ください。

アークのホームページ上にて、被災動物救援のための活動情報を随時更新して参りますので、
ぜひそちらもご覧下さい。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

アーク代表理事
エリザベス・オリバー




人間だけではなく、同じ命のどうぶつ達にも支援の手をお願いします。

EDIT  |  21:08  |  どうぶつ  |  Top↑
2011.03.12 (Sat)

■ 東北大地震での今後の対応を行うために ■ 

「東北大地震での今後の対応を行うために」記事の転載です。




今回の災害規模に関しまして、今後取り残された動物の保管の問題が出て参ります。

崩壊後、新たなる生活をスタートさせた時にもとの家族へ戻れるよう・・・

そして、愛犬家の私たちが、明日は我が身と思う気持ちで少しでも災害地区の方の心労を

軽減できれば、と願うばかりです。

行政は、きっと人間の事で手が一杯です。

私達動物を伴侶として愛する者同士が、こんな状況下で力を合わせ出来る限りの命を

繋ぎとめてあげる事が出来ないだろうか?と言った思いからこのブログを作りました

地域別に分かれております。発信元は飼い主様や身内の方で、犬を取りあえず預かって欲しい

とのSOSの発信 

飼い主の生活がある程度戻るまでは、犬達も居場所がありません。ここで発信されたSOSに

どうか手を差し伸べてあげて下さい

また、預かりは出来ないけど預かって下さっている方へ支援物資の提供やいらないバリケン

トイレシート・・・保護に関する必要な物をお持ちで寄付してもよいと思われる方がいましたら

その物資提供・・・を記載してお互いに助け合って下さい

また緊急支援物資に関しては、当方でも受け付けております。いつでもお気軽にお申し出ください

皆様方のご協力と暖かな気持ちを心よりお礼を申し上げます。

転載元: 東北大地震の残された犬達にご協力を




被害者は人間だけじゃないんだよ!

大切な命が一つでも助かりますように。

EDIT  |  20:48  |  どうぶつ  |  Top↑
2011.03.11 (Fri)

■ 大地震 ■ 

大地震

倒壊・津波・火災・原子炉・土砂崩れ・・・

人間には情報や助け合いなど生き延びる術はあるのですが。

ペットや家畜や野良たちは大丈夫なんでしょうか?

当然、被害にあった人たちも心配なんですが、

どうぶつ達の事は話題に上がらないので心配です。

EDIT  |  22:28  |  どうぶつ  |  Top↑
2011.03.10 (Thu)

■ 夢の中で ■ 

昨日の夢

内容は全く覚えていないのですが、

食用になる前の仔牛。

狭い檻の中から見えた仔牛の瞳

悲しい・悔しい・恐怖・・・

仔牛に限らず、全ての食肉とされるどうぶつが同じ気持ちなんでしょう。

肉食。

自分で殺さず食べる事が“食物連鎖”?

その一口の肉は、一つの命。悲しみ。悔しさ。恐怖が込められてます。

EDIT  |  22:10  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。