2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2010.03.30 (Tue)

■ 助けるのも人間 ■ 

迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う
3月30日20時17分配信 毎日新聞

山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。
犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ
殺処分になる運命。

「何とか助けたい」。

冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、
殺処分のわずか5時間前だった。
この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。

2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。
ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、
約2週間後には殺処分される」と耳にした。
あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。

「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。
「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。
冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。
アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が
「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。
センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、
それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。
「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。
今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。




「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」

そう
助けることができるのも人間なんだ。

そう言った思いの方が多ければ多いほど、どうぶつにとって良い世の中になるんでしょう。

まず、人間が変わらないと環境も世の中も変わらないよね。

みんなが救った小さな命

どうして飼い主さんから離れて事故に遭ったか解らないけど、リードや迷子札忘れず付けてあげて欲しいね。
ワンちゃんは話ができないんだから。
スポンサーサイト

EDIT  |  21:51  |  どうぶつ  |  Top↑
2010.03.25 (Thu)

■ 伊藤園、動物使用する実験廃止へ ■ 

伊藤園、動物使用する実験廃止へ

http://www.afpbb.com/article/economy/2712960/5532189

【3月24日 AFP】飲料大手の伊藤園(Ito En)は23日、緑茶や飲料製品の健康への有効性を証明するために
行うこともあった動物実験を廃止したと明らかにした。

 同社の広報は声明で、動物を使わない実験に切り替えるとコストが増えるかもしれないが、
動物保護はいまや世界中の流れとなっていると説明した。

 動物保護団体は歓迎している。
国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of Animals、PETA)」
は、伊藤園は「健康を看板にしたうたい文句でお茶製品を販促するため、求められていない動物実験をしていた」が、
日本の消費財大手としては動物実験を全廃した初の企業だろうと評価し、他社もこの「進歩的な」事例に倣うべきだ
との談話を発表した。

 食品から化粧品まで消費者製品のほとんどは、人間が使用した場合の安全性を確認するために何らかの試験を行っている。(c)AFP




普通に口にする飲み物まで、安全性を証明するのに“命”を奪う必要があったのか?
どうぶつ実験をしていた事にびっくりです。

他社も行っているのなら“即刻中止”を願いたい。

“命”は物でも道具でもない。
私達と同じ“命”
安全性の為に他のどうぶつに命を絶つなんて

伊藤園の判断は評価できます。


EDIT  |  16:32  |  どうぶつ  |  Top↑
2010.03.23 (Tue)

■ たのむよ人間 ■ 

大阪ガス
http://www.tanomuyo.jp/cm/cm01_60s.html

このCMでどうぶつ達が話す一言一言。

初めは何気なく見ていたCMだったけど。

“地球を壊したのは人間だけど”

“戻せるのも人間だと思う”

まさにその通り。

実行しないといけない。

たのむよ人間

大阪ガスのCMなので関西以外の方は見ていないかもしれません。

よろしければご覧下さい。

EDIT  |  21:58  |  どうぶつ  |  Top↑
2010.03.18 (Thu)

■ ヴィーガンアースデイ京都 ■ 

banner_event.jpg

第一回 ヴィーガンアースデイ京都 2010

HPより

ヴィーガンアースデイ京都とは
VEGAN(ヴィーガン) とは、野菜中心の食生活を送り、自身の健康や地球環境生物多様性などに配慮した、
ライフスタイルの事です。

私たちは、食生活と地球環境の問題は、大きなつながりを持っていると考えております。
しかし、それを意識している人は、残念ながら、多くないと感じています。
『人類、とりわけ先進国と呼ばれる国の人々が、現在の食生活を見直し、
環境負担のより少ない食生活(植物性中心のエコロジーな食生活)を送ることで、
人類に起因する温暖化ガスの少なくとも20%は削減できる』とも言われています。
この数は、世界中の交通手段(飛行機、車等)に起因する温暖化ガスの総排出量を優に超える値です。

また、地球環境に配慮した持続可能な食生活を送ることは、地球温暖化を鈍化できると同時に、
病気の予防、健康にも繋がります。

今回、私たちは、お祭り形式により、環境問題に起因する諸問題を、楽しみながら学ぶことができる
「ヴィーガンアースデイ京都」を企画いたしました。
食生活と、地球環境問題(温暖化ガス、水資源、生物多様性の保護、森林伐採問題)の密接なつながりを、
みなさんとともに考える場にできたらと考えております。




情報を見て、是非行きたい!
仕事のスケジュールを見ると“OFF”
NPO団体の環境問題と食生活についてパネル展示、環境学者・NPO法人のスペシャリストによる
ディスカッション、ヴィーガンフードの屋台村、音楽演奏、京都近郊の野菜・無農薬野菜の販売、
エコロジーな生活用品・雑貨・衣料品販売などと、盛りだくさんの内容みたいです。

できるだけ、このようなイベントには参加したいと思っていました。

参加することは、楽しむことが一番ですが、自分と同じ考えの人たちの活動を盛り上げ、
自分の勉強にもなり、情報も集まる。

興味のある方、少しのぞいてみては? 場所は京都ですが。。。

2010年5月2日(日) 10:00~17:00

京都市左京区岡崎公園

“入場無料!! 雨天決行!!”です。

EDIT  |  22:28  |  どうぶつ  |  Top↑
2010.03.08 (Mon)

■ 第82回アカデミー賞「ザ・コーヴ」  ■ 

第82回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞 受賞「ザ・コーヴ」

クジラの街、和歌山県・太地町の入り江(コーヴ)でひそかに行われている
イルカ漁をとらえた衝撃のドキュメンタリー。

美しい海岸線が広がる和歌山県太地町にある小さな入り江では、毎年9月になると
ひそかにイルカ漁が行われていた。街を挙げて立入禁止にするほどの厳戒態勢の中、
撮影隊はカメラを持ち込み、その実態を隠し撮りで撮影。
そこには血で真っ赤に染まる海と叫び声を上げる大量のイルカたちの姿があった。




以前、記事でも書きました「イルカの追い込み猟(漁)」を取り上げた映画です。

受賞された事で、1人でも多くの方が隠れて行われている、この残虐な行為を知っていただきたい。

イルカはとても知能の高いどうぶつであり、親子・夫婦などの身内が猟の道具で刺されたり殺されても、
その船の周りから離れない。
その為、みんな殺されてしまう。
子供を虐待したり親を殺したりする人間と違い、最後まで離れないイルカたち。

文化とか伝統とか生きる為とか・・・もう一度“命”の尊さを考えて欲しい。

EDIT  |  21:45  |  どうぶつ  |  Top↑
2010.03.02 (Tue)

■ 被害者はキタキツネ ■ 

キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁
3月2日20時21分配信 産経新聞

 北海道苫小牧市の高速道路で平成13年、キツネを避けようとしたことが原因で事故死した女性=当時(34)=の両親が、東日本高速道路(旧日本道路公団)に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は2日、同社に賠償を命じた2審判決を破棄、両親の請求を退けた。両親側の逆転敗訴が確定した。
 
同小法廷は「道路に侵入したキツネなどの小動物に接触して、死傷する事故が発生する危険性は高いものではなく、動物注意の標識も設置されていた」と指摘。「道路が通常有すべき安全性を欠いていたということはできず、設置や管理に不備があったとはいえない」と結論づけた。

 判決によると、女性は路上のキツネを避けようとして中央分離帯に衝突。後続の乗用車に追突され、頭を強く打ち、死亡した。
 1審札幌地裁は道路の設置や管理に問題がなかったとしたが、2審札幌高裁は同社に約5100万円の支払いを命じていた。追突した車を運転していた男性については、両親側に約2600万円を支払うよう命じた判決が確定している。




亡くなられた方やご遺族の方にとっては大変不幸で悲しい事ではありますが、難しい問題だと思います。

そもそも人間は人間の利便性の為に、もともとその地に住む野生どうぶつの環境を破壊し、その生活を無視してきた。
そのどうぶつ達は生きる為に、その地で生き抜くための行動をする。
そして、何もわからないまま、高速で走る車の前に飛び出してしまう。
どうぶつにとって普通の生活、自分達の生活の場。
本当の被害者はどうぶつ達ではないかな?

この事故の場合、事故の数分後に停止している被害者車両に追突した後続車に多大な過失があり、
その責任で終わる事じゃないのですか?

この事故は、道路に出るどうぶつに限定した事であり、道によっては大型の虫や鳥も走行中に現れたり、
路面状況と同じく周りの環境にも注意して運転する事が、冷たい言い方かも知れませんがドライバーの
自己責任になってしまうのではないでしょうか。
じゃないと、どこまでも道路管理の責任になってしまう気がします。

道路が凍結して事故・・・凍結しないように管理しろ
見通しが悪い所で事故・・・道路の設計に落ち度がある

とかとか....

被害者の方、そのご遺族の方には大変辛い判決だと思いますが、最高裁の判決は妥当だと思います。
判決文は的確に答えていました。

良くテレビでも見ますが、命がけで道路に落ちている落下物などを回収している職員の方の働きなどを見ていると、責任の矛先を道路管理に向けるのは、少し違うのかな?と感じました。

EDIT  |  22:23  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。