2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2009.03.23 (Mon)

■ どうぶつに優しいメーカー(ブランド) ■ 

アニマルライツセンターからの情報です。

NO FUR

毛皮を使用しない、動物に優しいメーカー(ブランド)のリスト

最近は少し暖かくなってきて、そろそろファー付きのファッションを見ることが少なくなってきて嫌な思いをする事が減りました。

毛皮産業は2月で"殺害"のシーズンが終わり、そして3月で"繁殖"のシーズンが終わろうとしています。
この"繁殖"シーズンでまた、罪も無く人間の欲だけの為に殺される命が生まれ、欲のためだけに育てられていきます。

毎年繰り返される愚かな行為。
私自身も最近まで知らなかった毛皮産業の実態。 愚かでした。
知らなかったから許される事ではなく、知らない事も罪とも言えるファーファッション。

毛皮は金持ちのステータスシンボルでもなく、安い商品に付加価値をつけるものでもなく"命"である事を買う側は理解しないと。
ほんと、どうぶつ虐待犯。殺人犯と同じです。

毛皮を着なくても生きていけますよ。
(注:こんな事を書くと揚げ足を取るように「○○の地方や○○の民族の人は、無いと生きていけない」とか言われる方もいるでしょが、そんな事は言わなくても誰でも判断できる事ですよね)

毛皮を使用しない、メーカー(ブランド)リストを参考にしてください。

毛皮商品を買わなければ、それだけ"命"は守れます!!
スポンサーサイト

EDIT  |  22:27  |  どうぶつ  |  Top↑
2009.03.19 (Thu)

■ 大人が考えなければ ■ 

ぶぅの姉さんのブログ〝ブゥブゥマーチ〟で紹介されていました。
当時12歳の女の子の1992年ブラジルで行われた環境サミットでのスピーチです。




全ての言葉が的を得ており、サミットに参加していた大人達は、すごく考えさせられたことでしょう。
私自身も考えさせられた内容で全ての人間がこの子のような考えを少しでも持ち、行動すれば今のような世界にはなっていなかったんでしょう。

しかし、17年も前にこの女の子が環境サミットで訴えていた事、何もできてはいないのでは?
この時の参加者は何も感じなったんでしょうか?
それとも子供の言葉には耳を傾けていなかった?
大人の事情でしょうか?
この時の参加者は重罪ですよね。(何もできていないのなら)

今からでも遅くは無い。
言葉より行動ですね。

自分が12歳の頃と言えば世界の事なんか考えた事は無く、野球とキャンディーズに夢中で本当に狭い地域の中で好きなことしていたように思います。

じっくり聞いてください。




EDIT  |  18:29  |  ひとりごと  |  Top↑
2009.03.17 (Tue)

■ もしも僕がビル・ゲイツだったら。 ■ 

もし今、誰かと入れ代わる事ができるとしたら.....

やったーあらし

ではなく。

ビルゲ

誰もが知るマイクロソフト会長ビル・ゲイツ氏かな。

2009年度版のフォーブスでは推定資産400億ドル(約4兆円)と世界1位の大資産家。

私がビル・ゲイツだったら、まず世界中にアニマルシェルターを建設し殺処分を無くします。

つぎに、ネットやTVを使った里親探しを行い、ペットはペットショップではなくシェルターで探す事をスタンダードに変えちゃう。

そしてペットショップ・ブリーダーは淘汰され良いブリーダーのみ生き残る。

これも大事なサンクチュアリの開設で野生動物の保護を進める。

これは難しいがベジタリアン料理のファストフードチェーンを全世界にオープン



        10053941635.gif10050528259.jpeg

ベジバーガーやベジミートの普及で世界の子供達はみんなベジタリアン!!

工場畜産は無くなり食べ物としてだけに生まれてくる〝命〟が無くなる。

まだまだ夢は膨らみますが、さすがのビル・ゲイツも資産には限りますので、このあたりで目を覚ましましょう。

まだ、どうぶつに関する問題は山積みですので、今度は政治への介入のできる人に今度は代わってみたいものです。

PS:お金の桁が違いすぎるので4兆円でどこまでできるのか?さっぱりわかりません。夢です夢。






EDIT  |  11:00  |  ひとりごと  |  Top↑
2009.03.14 (Sat)

■ カーネル・サンダースの呪い ■ 

trd0903111222004-p1.jpg

関西ではこの汚い人形が見つかったことで「カーネル・サンダースの呪いが解けた!」「奇跡」「虎V」「大阪復活」など変な大騒ぎになっていますが、このおっさんの為にどれだけの命が酷い扱いをされ殺されていったかと思うと全世界のこのおっさんの分身(人形)を沈めておきたい気持ちでいっぱいです。

※阪神ファンの皆様へ タイガースは力のあるチームです。このおっさんが道頓堀川に沈み続けていても日本一にはなりますよ。

10050427840.jpeg

10050528259.jpeg

命をくいものにする「カーネル・サンダースを呪へ」 

EDIT  |  00:00  |  どうぶつ  |  Top↑
2009.03.13 (Fri)

■ がんばれ自治体 ■ 

犬殺処分ゼロ 熊本市の挑戦 持ち込みの飼い主説得 HP開設し迷い犬紹介 生存率82% 地道な努力成果   西日本新聞 記事より

 自治体が捕獲したり、飼い主から引き取ったりした犬の8割に当たる約11万匹が毎年、全国で殺処分されている。そんな中、熊本市は犬を飼い主に戻すことや新たな飼育者探しを続け、処分率を全国トップクラスの2割以下に減らしている。「殺処分をなくそう」を合言葉にする同市の取り組みが注目されている。

 悲しげな目をした犬が「ガス室」に送られ、殺される場面がビデオで流れる。熊本市動物愛護センターで週1回ある譲渡前講習会。保護された犬を譲り受ける飼い主は、必ず受講しないといけない。2年半前から始まった。ある日の受講者は女性2人。ビデオ放映後、獣医師の斉藤由香さん(27)がペットの面倒を一生みる「終生飼養」の大切さを講義する。

 「犬を飼うのは簡単ではありません。本当に飼えるのか、考えて決めてください」。参加した主婦(47)は「子どもを育てるのと一緒なんですね」とうなずく。

 かつて熊本市は一週間程度保護して処分していた。この“流れ作業”に変化が起きたのは2002年。終生飼養をうたう動物愛護法の理念を生かし、動物愛護推進協議会を発足させ、生存率を上げる取り組みを始めた。迷い犬を飼い主に戻そうと、保護した犬を紹介するホームページもこの年、開設した。

 センターの職員は憎まれ役も辞さない。娘と一緒に認知症の犬を連れてきた母親に「家族同然の犬を捨てていいんですか。娘さんはお母さんの背中を見て泣いていますよ」と翻意を促す。転勤などで犬が飼えなくなる場合、新たな飼い主を探すよう求める。それでも、引き取りを求める人には「犬を飼う資格はない」と非難することも。

 地道な努力が実を結び、熊本市の07年度の犬の引き取り数は1998年度の1割の52匹に減った。飼い主に返還する犬も増え、98年度に12.4%だった生存率が07年度は82.1%に上昇した。

 現在は保護する犬が50匹を超えた場合に処分する。年々、引き取り数が減っているため、保護期間が長くなり、餌代が増えた。増加分は市民やボランティアの寄付で賄っている。

 この試みが注目を集めている。獣医師の斉藤さんは山口県下関市からの派遣職員。熊本市の取り組みを知った下関市長が昨年4月から1年間、研修に送り出した。斉藤さんは「市民を説得する職員に感銘を受けた。このノウハウを下関でも生かしたい」と語る。

 熊本市は4月からセンターの職員が小学校で動物の命の大切さを教える出前授業も始める。命を軽んじる事件が後を絶たない今だからこそ「殺処分ゼロ」を目指す熊本市の挑戦が、ほかの自治体にも広がってほしい。 

=2009/03/12付 西日本新聞夕刊=




動物愛護法の理念を生かせば、できるはずなんです。
願いは記事で締めくくられている言葉どおり〝ほかの自治体にも広がってほしい〟です。

ただ、それだけではなく、〝命〟を〝物(金)〟としか見ない供給元を淘汰せねば自治体の努力も負担も減りません。


リンクにペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 ご協力を!!

「ONE LOVE」http://www.onelove.cc/index.html

「プロジェクトZERO~殺処分0を目指して」http://www.animalpolice.net/projectzero/


日本の犬の流通システムが間違っているんです。
そこから変えないと無責任に物のように買い、物のように捨てる飼い主がいて犠牲になる命が増える。




EDIT  |  11:00  |  どうぶつ  |  Top↑
2009.03.12 (Thu)

■ 4月5日までにあと16頭の家族探して ■ 

ぶぅの姉さんのブログ「ブゥブゥマーチ」より転載させていただきました。

平成21年4月5日で閉鎖するラ・パーチェでは、現在16頭のワンコたちが、里親さんを待っています。

保護動物ケアセンター「ラ・パーチェ」
http://www.la-pace.com/
(里親募集に至るまでの経緯はコチラで↑)


ゆうちゃん
ゆうちゃん
5歳・女の子・2月21日ワクチン済み・避妊済み・健康状態は良好。
初めての人が来たら、怖がってしまいオドオドしますが普段は大人しくて無駄吠えしません。
あいちゃんと姉妹で大の仲良しです。特技はドアを開けること。
元気に走りまわる子です。


クロ(男前)
クロ(男前)
男の子・3歳・2月21日ワクチン済み・去勢未・健康状態は良好。
お散歩大好き、人間大好きなとてもフレンドリーで尚且つ男前。
ラブラドールのMIX犬で体が少し大きいため
なかなか良縁に恵まれませんでした。
誰にでもスグにお腹を見せてくれます。
嬉しすぎて駆け寄ってくるときに体当たりをしてしまいます。


ベル君
ベル君
男の子・3歳・ワクチン未・去勢未・健康状態は良好。
飼い主さんが急逝したため、保護されました。
人間は大好きなのですが、しつこく撫でられると怒ります。
ホンキ噛みはしません。タオル・オモチャも大好きです。
首を触られるが苦手なため、ワクチンを打てていません。
体は大きめです。


くぅ君
くぅ君
1歳・男の子・2月21日ワクチン済み・去勢未・健康状態は良好。
怖がりで唸ってしまいますが、噛み付きはしません。
お外では他のワンちゃんとも仲良く遊ぶ事ができます。
現在は、お散歩の訓練中です。


みきさん
みきさん
13歳・女の子・2月21日ワクチン済み・避妊済み・健康状態は良好。
高齢ですが、まだまだ元気にお散歩もでる手の掛からない子です。
わがままを言いません。


ロン君
ロン君
男の子・1歳・2月21日ワクチン済み・去勢未・健康状態は良好。
くぅ君と兄弟でいつも仲良く2匹で遊んでいます。
怖がりで唸り・噛むそぶりを見せますが噛む勇気は無い、怖がりさんです。
現在くぅ君とお散歩の訓練中。
この2~3日で少し性格が明るくなった気がします。


隊長(という名前)
隊長(という名前)
4歳・男の子・2月21日ワクチン済み・去勢済み。
人間大好き・他のわんことも仲良くできます。無駄吠えもしません。
体も10キロ未満で小さいです。
この子は、皮膚が弱くすぐにハゲが出来てしまいます。
今でも治療中ですが引き続き、治療を兼ねて可愛がって下さる方を探しています。


よもぎちゃん
よもぎちゃん
女の子・15歳・2月21日ワクチン済み・健康状態は良好。
痴呆症で耳はあまり聞こえていません。目もほとんど見えてません。
自力でよく歩いて、よく食べています。
痴呆症によくみられる夜鳴きはたまにしますが、ひどく鳴くことはありません。


クロ君
クロ君
8歳・男の子・去勢未。2月21日ワクチン済・健康状態は良好。
とても人懐こく、お尻をポンポンしてもらうのが大好きです。
少し傾いた左耳がチャームポイントで、お散歩も上手にできます。


チョッパー君
チョッパー君
2歳・男の子・2008年11月ワクチン済み・去勢未。
アレルギーがあるためフードはラム&ライスのみです。
唸ったり、噛んだりと問題行動がありますがワンオーナーしか持たず、ご主人を決めたらその人にはよく懐きます。
「お手」「お座り」「伏せ」「待て」ができます。


あいちゃん
あいちゃん
女の子・3歳・避妊済み・ワクチン済み・健康状態は良好。
ちょっと怖がりなロン毛のお茶目ちゃんです。泣きボクロが魅力的。
オドオドしてしまいますが、噛む・唸るの問題行動はありません。
慣れれば、嬉しい顔をしてくれます。
お散歩には慣れていません。


リク君
リク君
男の子・14歳・2月21日ワクチン済み・去勢済み・健康状態は良好。
大型ですが、かなりののんびり屋さん。まだまだ元気で食欲旺盛です。
無駄吠えなどしません。
ウンチをなぜか壁にくっつけてしてしまう、可愛い1面有り。


大木君
大木君
男の子・8歳・2月21日ワクチン済み・去勢済み・健康状態は良好。
とても怖がりで、タレントの「びびる大木」さんから名前をいただきました。
本人も大木君と覚えているようです。
食も細くなかなか太れないちょっと神経質な子ですが、人間は嫌いじゃないです。
雷など大きな音が怖い様子。
前オーナーからは「かむぞー」と名づけられあまり構ってもらえなかったようです。


どん兵衛
どん兵衛
男の子・18歳・2月21日ワクチン済み・去勢済み。
H19.秋頃、1度発作をおこして以来首が斜めに傾いてしまいました。
それ以外はとても元気。
興奮しすぎると発作をおこしてしまいます。最近、痴呆が出てきた様子。
残りの余生を見守って下さる方を募集いたします。


親分(という名前)
親分(という名前)
6歳・男の子・2月21日ワクチン済み・去勢済み・健康状態は良好。
過去のトラウマでしょうか、私達が引き受けた時からリードが大嫌い・リードを見ただけで奇声を発します。
スタッフにも線を引いた付き合いしかしません。
現在、リード・人馴れの訓練中です。
少し触れるようになりました。


もなかちゃん
もなかちゃん
女の子・8歳・2月21日ワクチン済み・避妊済み・健康状態は良好。
親分のお母さん、この子は人間大好きで初対面の人でも触らせてくれます。
毛並みは最高。施設内でも小さい方です。


里親さんになって頂くには・・・

①直接センターに来て頂き、実際に見て・触れて下さい。

②センター作成のアンケート(2枚)にお答え下さい。

③誓約書の内容を確認し、サインをご記入下さい。

④身分証明書のコピーを取らせて頂きます。

⑤直接の引渡しになりますので出来ればケージを持参下さい。

どうか、1頭たりとも「処分」という悲しい結末を迎えずに住むよう、あたたかい手を差しのべてください。
このコたちみんな、これからもしあわせに暮らせますように。

愛情をたくさん注がれれば、感情はどんどん豊かになります。

あまり深い愛情を知らなかったコには、たくさんの愛を、お年を取ったおじいちゃん・おばあちゃんワンコには、満ち足りた余生を、どうか与えてあげてください。




香川県まで直接引き取りに行ける方、何とかご協力をお願いします。
本当に時間がなくなっています。





EDIT  |  19:05  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。