2008年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.11.27 (Thu)

■ 死体を着て嬉しそう ■ 

Lindaさんのブログ記事:「最も殺された動物の死体が似合う人『FUR OF THE YEAR 2008』」より
情報をいただきました。

水野美紀&魔裟斗“毛皮美女・美男”に
ファー・オブ・ザ・イヤー受賞、魔裟斗ライバルは石井慧!?


ahohutarikegawa.jpeg

日本毛皮協会(JFA)が、毛皮ファッションの普及と向上などを目的に、「最も毛皮が似合う人」を表彰する「第4回ファー・オブ・ザ・イヤー」の授賞式が19日(水)、都内のホテルで行われた。

 「アクションで鍛えたしなやかさと躍動感ある活躍は、毛皮の持つ真の美しさに通じ、その魅力を十分に引き立たせてくれる」という女優の水野美紀と、「強さと精かんさは、他を寄せ付けない崇高さがあり、毛皮の持つ気高さと優しさにふさわしい」という格闘家の魔裟斗が受賞。2人はそれぞれ、500万円相当の毛皮のジャケットとコートをプレゼントされ満面の笑みを浮かべた。

 水野は、「一生ものの毛皮をいつかは持ちたいと思っていたけれど、こんな形でかなうとは……」と感激。リンクスキャットの毛皮をまとい「カジュアルにも合わせられるので、日常的にフル活用させていただきます」と、うれしそうに話した。

 一方、「いやらしい感じに見られないように」とロシアンセーブル(クロテン)のコートを選んだ魔裟斗は、「かなり気持ちいい」とご機嫌。リング入場時のコスチュームに、との提案には「高すぎて、もったいないでしょう。まあ、毛皮を着て余裕でリングに上がれる男になれるよう頑張ります」と照れ笑いだ。そして、まだ決まっていない大みそかの予定について「(格闘家転向を表明した)石井慧くんとやりたいね。どっちが毛皮が似合うかでも勝負しますか?」とおどけていた。




今年も無恥な方が嬉しそうにどうぶつの死体を身にまとい写真に納まっていますね。

昨年は『あなたたちも共犯者です』でも書きましたが、この方々でした。
死体ずきですね。

こような毛皮の賞を受ける前に、商品の製造過程くらい調べたらどうでしょう?
いまどきネットで検索すればすぐわかるでしょうに。

水野美紀さん、「一生ものの毛皮・・・」ですか、その為に一生をまっとうできずに、殺されていったどうぶつの気持ちや苦しみがわかりますか?そんな気持ちより500万円の死体?

魔裟斗さん、「・・・毛皮を着て余裕でリングに上がれる男になれるよう頑張ります」意味不明・理解不能の言葉。
本当の強さは"HEART"ですよ。受賞を断る"HEART"の強さが見たかった。(貰えるもんは何でも貰え!ですか?)それとも、本当に無知?無恥?
もっと心も"男前"だと思って応援してたのに。。。人を見る目なかったです。残念。

それに比べて昨年のミス・ユニバースの森理世さん"男前"!!
『"毛皮を着ない"07年ミス・ユニバース森理世さん』

もっと広がれ毛皮廃止の輪!!
同盟バナー知っていますかピンク長動

どうぶつ達の"命"を守るには不買しかありません。
スポンサーサイト

EDIT  |  19:23  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。