2008年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.09.29 (Mon)

■ ♪いつか冷たい雨が ■ 

まず、聞いてみてください。



♪いつか冷たい雨が

詞・曲・唄: イルカ  1979年(S54) 

♪ 雪が降る駅の片隅で 誰にもいたずらされないように
うずくまっている 年老いた犬
パンをあげても見てるだけ 時が来れば汽車に乗る私
泣くことのほか 何もしてあげられない私
 
広い道路の真中で 轢かれてしまった三毛猫
その上を何台もの車が 通り過ぎて行く
思わず目を閉じてしまった 私を許してください
みんなだって そう思っていると 信じたいのです
 
牛や鳥やお魚も 人間の為にあるのよ
サァ残さずに食べなさい
そんな風に言うお母さんにはなりたくありません
でも私だって食べて育ってきたのだし
虫だって殺したこともあります
 
だから だから お願いです もう役に立たなくなったら
捨ててしまったり
自分本位で可愛がったり 小さな檻に閉じ込めて
馬鹿にしたり汚がったり 
人間だけが偉いんだなんて
ことだけは思わないでください
 
人間以外のものたちにも もっとやさしくしてください
同じ時を生きているのだから
朝が来れば夜も来るし 生まれてそして死んで行く
私が土になったら お花達よ そこから咲いてください ♪


イルカさんの古い作品ではありますが、歌詞の一語一語が胸に伝わってきて、最期には涙がこぼれんばかりの気持ちになりました。
中でも強い印象のフレーズは
「牛や鳥やお魚も 人間の為にあるのよ サァ残さずに食べなさい そんな風に言うお母さんにはなりたくありません 」
「人間だけが偉いんだなんて  ことだけは思わないでください 」
「私が土になったら お花達よ そこから咲いてください 」

世界中のみんなが、こんな気持ちでいられれば戦争や争いも無く、どうぶつも穏やかに生活でき“物”のように扱われる“命”はなくなるでしょう。

“私の動物アルバム『・・・そして今も』”のアルバムの中にも収録されているすばらしい曲です。
この曲の中で多くのどうぶつの問題を取り上げ、ベジタリアンでもあるイルカさんは作品を通じて、「私達は、皆この地球という大きな生き物に住む、細胞同志である」というメッセ-ジを世代を超えて沢山の人々へ伝えています。
iruka200410.jpeg

本当に良い曲です。


スポンサーサイト

EDIT  |  13:47  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.09.24 (Wed)

■ 情報が遅くなりましたが ■ 

img868bd95bzik0zj11.jpeg


ザ!世界仰天ニュース・秋の仰天4時間30分スペシャル本日9月24日夜7時~放送“ひまわり~奇跡の母子犬~”が放送されます。

“命の大切さ”や“親子の愛”など今の世の中が忘れかけている大切なことをあらためて教えてもらえる話です。
少しでも多くの方に見ていただきたいお話です。

みやざき動物のいのちを守る会


EDIT  |  17:49  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.09.21 (Sun)

■ 緊急のお願いです ■ 

「ブゥブゥマーチ」ぶぅの姉さんのブログより転載です。

40匹のわんこさんの内、35匹の命の期限が迫っています。

今月中に里親さま・預かり様が見付からないと、保健所で殺処分…の可能性があるそうで緊急を要するようなので、詳しくはこの件の管理人さんの記事↓をご覧ください。

http://ameblo.jp/yosi373/entry-10141459311.html

今までの記事やリンクのURLなども記載されています。

私にできる事は僅かですが、ご協力いただける方はリンクなどお願いいたします。









★★★譲渡会★★★

場所 ・・・ 兵庫県小野市敷地町
       パチンコKARYA(旧館・小野会館)向いの駐車場
 
日時 ・・・23日(火)、27日(水)、28日(木)       

午前11時~午後3時

※雨天中止



EDIT  |  22:27  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.09.17 (Wed)

■ 「ARKニュースレター」より ■ 

NPO法人 アニマルレフュージ関西(ARK)のニュースレターで知った事ですが、奈良県が運営するうだ・アニマルパークが今年4月に開園したそうです。

施設の目的は「人と動物とのふれあいを通して、動物を学び、動物から学ぶ。そして「いのちの教育」「生きる力」を育み、広く県民に動物全般に対する理解を促進するとともに動物に対する愛護の思想について、普及啓発を図り豊かな社会づくりに寄与することを目的とした施設です。」らしいです。

アニマルパーク自体は、快適で景観が美しく、「五つ星ホテル」さながら快適さである一方、ヤギ・ブタ・ヒツジ・ポニー・ウシ・ウサギ・ニワトリなどの収容施設はコスト本位でどうぶつの福祉はおざなりにされているとのこと。
豪華な建物には壁一面を覆う狭いケージに大量飼育される「どうぶつは機械なり」という考えのあらわれでもある巨大カラー写真。教育的意味はまったく感じられない。

施設内にある動物愛護センターは11億の巨費をかけてオープンしたが、最先端の設備・獣医師・スタッフを擁しながら自動ボタンを押して、どうぶつを殺すだけになっている。
殆どが譲渡されず「安楽死」といった間違った表現で苦しんで苦しんで亡くなっていくどうぶつたち。
2007年度は成犬648頭中583頭・子犬412頭中392頭・成猫315匹中314匹・子猫1416匹全てが殺処分。

歴史ある古都の奈良県民の意識向上を願います。

まだ今回の記事はARKのHPにあるニュースレターにはアップされていませんが、詳しくはそちらを読んでみてください。

EDIT  |  22:59  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.09.11 (Thu)

■ マイクロチップについて ■ 

9月11日ニュース記事より

英国の行方不明ネコ、9年ぶりに発見され飼い主の元に

 [ロンドン 10日] 英国で行方不明となっていた飼いネコが、9年ぶりに発見され飼い主の元に戻った。英王立動物虐待防止協会(RSPCA)が10日、明らかにした。
 15歳の雌ネコ「ディクシー」は、1999年に行方不明となり、飼い主は車に引かれ死んだと思っていた。
 ディクシーは、やせてみすぼらしいネコが数カ月にわたりいると地元住民がRSPCAに通報したのをきっかけに、バーミンガムのかつての家から半マイル(約800メートル)以内の場所で発見された。RSPCAの担当者がディクシーのマイクロチップから「本人」であることを確認し、30分もしないうちに飼い主の元に返された。
 飼い主は、ディクシーの性格や習性、しぐさなど以前と全く変わっていないと話した。
 RSPCAでは、今回の件がペットのマイクロチップ装着の促進につながればと期待している。

0911puli.jpg
0911koha.jpg

うちの娘も必要かな?

やはり、安全とは思いながらも異物を小さな身体に入れることの不安は拭い去れない気持ちもありますので、現在は考えてはいないのが正直なところです。

でも、日本もヨーロッパのマイクロチップを義務化している国同様に法制化していく必要は強く感じます。
迷子だけではなく飼育放棄など飼い主を明確にする事で防ぐ事もできるし、放棄をできなくすることで、保健所などへの持込の場合の飼い主への責任も問う事ができるようになるのでは?
(保健所への持込はその仔の平均寿命までの最低の生活費・医療費くらいの罰金を取らなければ・・・)

法制化することで、リーダー(読み取り器)の設置や装てん施設の増加や装てん費用の低下など環境は良くなると思われます。
ガンジーの言葉にあるように「国の偉大さ、道徳的発展は、その国におけるどうぶつの扱い方で判る。」なんです。
まだまだ、日本がどうぶつ愛護について遅れていることは沢山ありますが、どうぶつの為になると思われることは一つづつでも、すすめて行きたいですね。

資料の一つとしてマイクロチップガイドをご参考まで。



EDIT  |  17:54  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.09.09 (Tue)

■ 私の牛がハンバーガーになるまで ■ 

7andy_31377648.jpeg

ぶぅの姉さんのブログ「ブゥブゥマーチ」記事で知った本です。

ピーター・ローベンハイム著 石井礼子訳
「私の牛がハンバーガーになるまで」
牛肉と食文化をめぐる、ある真実の物語
人はなぜ、「牛」を食べるのか――アメリカの片田舎で起こった、牛と人との感動のストーリー。

◎肉食文化の国アメリカでは年間50億個以上のハンバーガーが消費され、1時間に5000頭以上の牛が肉にされていく。
「牛はどうやってハンバーガーになるのか」 その現実のすがたを本に書こうと、一人のジャーナリストが自ら子牛を買い、誕生から解体までの現場を追いはじめる。しかしいつの間にか、彼はその子牛たちに愛情を抱いてしまった……。牛たちが「肉」になる以外の道はあるのか? そして彼の最後の決断とは?
読者に「生き物を食べること」とは何かを問いかける、一人の男と2頭の牛たちの2年にわたる物語。

【目次の抜粋】
●はじめに
アメリカでは一時間に五〇〇〇頭の牛が肉になっていく/誕生からと畜解体まで、牛の一生を見とどけたい
●第1章 子牛誕生
双子の子牛が生まれる/雄子牛の運命
●第2章 ボナンザの精子
人工授精の驚くべき普及/精液採取場の風景/妊娠しない牛の運命
●第3章 肥育と去勢
ローネル・ファームから三頭の子牛を買う/双子の牛「ナンバー8」と「ナンバー7」
●第4章 フレンドシップ
酪農牛のさまざまな病気/「BST(牛成長ホルモン剤)をこわがっててもしょうがない」
●第5章 放牧
ナンバー8とナンバー7はなぜ放牧させてもらえないのか/はじめて私がナンバー8をかわいがった瞬間
●第6章 牛舎の前庭で
干し草をやってはいけない/「問題は、彼が牛に愛着をもちはじめてるってことなんだ」
●第7章 淘汰
すべての酪農牛は乳が出なくなると食肉処理場へ行く/「あんたの書く牛の本なぞ、読む必要ないね!」/ここを起点に牛たちは「楽しいイメージの食べ物」へ姿を変える
●第8章 と畜
母牛4923が淘汰される日/生産力が尽きたら即、死へと向かうという終わり方/食肉処理業者テイラー社への見学依頼/「あなたを中にお通しすることはできません」
●第9章 選択肢
二頭はあと三、四ヵ月で食肉処理場に/「解体しないと俺を裏切るって言いたいのかい?」/廃用牛をライフルで殺処分
●第10章 決断
ナンバー13の解体の光景/すべてを自分の目で追う/ナンバー13が完全なる肉として目に映る時

10053941635.gif

私は肉や乳製品は口にしませんが、工場畜産の現実を多くの方に知っていただき、その上で口にするか否かを判断していただきたいと思っています。
畜産に関わる方にとっては死活問題であるでしょうが、人間には生きるすべの選択が可能ですが、ここに生まれた牛(他の畜産どうぶつ)達にとっては選択は無く、死を待つのみです。

是非、肉や乳製品を食べる方は、現状(食の安全面や倫理面)を一度考えて判断していただければ幸いに思います。
畜産どうぶつを作る(育てる)餌がなくなれば、全世界の飢餓問題や食品の値上げ環境問題すべて良い方向に向います。


EDIT  |  16:45  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.09.05 (Fri)

■ 「菜食のススメ」② ■ 

img_kujira.jpeg

完璧なビーガンを目指し頑張っています。
参考にしている「菜食のススメ」より転載いたします。

----------------------------------------

Q:クジラやイルカを食べる人はみんな、「イルカやくじらが増えすぎると魚を食い荒らしてしまうので海の生態系がくずれてしまう。そういう害獣は頭数を減らすためにも人間が捕って食べるのは正しいことなんだ」といいます。
イルカや鯨は本当に害獣なんでしょうか?

A:害獣とは害のある獣の事です。
いったい誰が何に対して害をなしたというのでしょう。
生態系の中にいらない命などありません。
すべての生き物にとって唯一の害獣は人間です。
多種を圧迫して今日も絶滅させつづけ、森を焼き、海を腐らせ、空を汚します。
原子力や核兵器を作り、動物だけでは足りずに戦争と言う共食いを好みます。
人間に動物達を【害獣】と呼ぶ資格はありません。

----------------------------------------

「~いらない命などありません。」その通りだと思います。
【害獣】と言って人里に出てくる野生どうぶつを〝駆除〟と言い殺していく人間。出てくる原因を作っているのは人間のはずなのに。
掲載文の通り、生き物にとって人間が唯一の害獣でしょう。


img_iruka.jpeg

EDIT  |  23:50  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.09.03 (Wed)

■ 献血 ■ 

kennkesu1.jpg


金も力もない普通の人間が世の中の為に役に立てる事って、そんなに多くはありません。

そのなかで、高校生の頃から続けられている事あります。
それが献血。
学生の頃に比べて、献血のペースは遅くなりましたが機会があれば出来る限り協力するようにしています。

高校の時、献血をした私に「血をあげるのが、もったいない」って言う友人がいました。
でも血液って普通に生活してたら本人の意思とは関係なく自然に身体がつくってくれるものなんだから。。もったいない?って思った事を献血の度に思い出します。
献血しないからってご飯食べなくて済むものではないので、何ももったいない事してるわけじゃないのに。

個人的には、体調や血液の条件さえあえば国民の義務として強制的にしても良いくらいじゃないのかな?(強引ですか?)

目標:年齢に献血回数を追いつかせる事!!

EDIT  |  22:20  |  出来事・買い物  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。