2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.08.29 (Fri)

■ 「菜食のススメ」① ■ 

img_buta2.gif
どうぶつ愛護のブログを始め、多くの情報やお話など聞き40歳を過ぎて肉食を止め、今は完璧なビーガンをめざし、どうぶつ性食品も殆ど摂らなくなりました。
※現在は自称〝なんちゃってビーガン〟の段階で、勉強不足から原材料を見ても解らずに摂取している時や、宿泊先やお呼ばれの席で断れない場合は頂く事もあります。

多くの情報を得る中でこのサイト「菜食のススメ」より、多くを知りました。
今日から時々、内容を紹介したいと思います。
今日はQ&Aを1つ

転載--------------------------------

Q:犬猫などのペットとは違い、牛や豚などは食べるために作った動物なのでは?

A:日本では犬や猫を愛玩動物と思っていても、外国ではそれらを食べるものとして見ている国もあります。
また、日本は馬やクジラやイルカを食べますが、外国から見ると、犬・猫を食べていると同等に残酷な事なのです。牛などはインドでは神とあがめられ、絶対に手をかけることはありません。
イスラムを信仰する人は豚を食べません。
畜産動物に生まれようが、ペットとして生まれようが、どちらも同じ生き物には変わりありません。
国や考え方が変われば食べ物が変わるのに、全人類がどんな動物を食べて良いといったい誰が決めることができるのでしょうか?
国や地域の風習や地域によって異なる価値観、先入観の無い自然界のレベルから見ると、ペットを殺す行為と、家畜を殺す行為はまったく同じと考えられます。

--------------------------------

種差別ですよね。
人間がそれぞれの立場から風習や価値観によって、殺して良いどうぶつと悪いどうぶつを区別する。
どうぶつを殺す行為は同じです。
今日食べるスーパーのパックに入った肉は、家族として暮らしているわんちゃんネコちゃんと同じどうぶつ・・・命・・・です。

食物連鎖・・・・・?
自分で殺せないなら食べない。
スポンサーサイト

EDIT  |  14:17  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.08.27 (Wed)

■ どうぶつと暮らす責任 ■ 

今日は久々の休みとなり娘達を連れて京都の病院へ

この病院は長女が1歳にもならないときに心臓の大手術を受け、大変お世話になった病院(林屋動物診療室)で定期的に長女は健康診断を受けに行ってます。

今日は長女の健康診断と次女のワクチンの接種の為に行きました。

いつもながら待合室は診療待ちのワンちゃんネコちゃんでいっぱい。
腕にギプスをした仔、両足が不自由な仔、皮膚病らしい仔などみんな優しい飼い主さんに連れられ順番待ち。
そんな光景を見ながら、〝ここに連れて来られている仔達は幸せだな〟って感じました。

今の世の中、重い病気だとか、歳をとって歩けないとか、面倒見られないとか、飼い主の都合で捨てられていく命(飼い主による持ち込みや捨てられた仔、迷子など施設で殺処分される仔の「命の記録」宮崎の犬管理所)が多いなか、みんな心配して連れて来てもらっている。

でも、ここに来ている飼い主が偉いのではなく、どうぶつと暮らすからには当然の責任であるし、その覚悟をもってなければ一緒に暮らす資格はないんです。

娘たちは大きな問題も無かったので一安心。

半年後も健康でありますように!!


EDIT  |  18:01  |  娘(チワワ)  |  Top↑
2008.08.19 (Tue)

■ 韓国犬肉の非合法化を求める署名にご協力下さい。 ■ 




韓国犬肉の非合法化を求める署名

「韓国では犬を残酷な方法、たとえば、生きたまま焼く、蒸す、銃殺、撲殺などの残酷きわまりない方法で殺し、非合法であるにも関わらず、実際には食べられています。
韓国の保護団体は、犬肉は文化ではないと主張しています。韓国においていぬ肉を実名ともに非合法とするため、韓国の動物を愛する市民や動物保護団体は、海外に協力を求めています。
韓国犬肉の完全非合法化のため、署名にご協力お願いします。」

韓国動物保護団体からのヘルプ。韓国犬肉の非合法化を求める署名にご協力下さい。

オンライン署名サイト 署名TV

是非、サイト内にある「呼びかけ文全文を読む」をご覧頂いて署名及び呼びかけを広げていただければと思います。
個人的には犬肉だけではなく全ての食肉が全世界で非合法化になればと思っています。

EDIT  |  22:36  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.08.16 (Sat)

■ 肉食を減らそう ■ 

8月14日の経済のニュースより
日本ケンタッキー・フライド・チキンでは、全店の40%を占めるドライブスルーの売り上げが激しく落ち込んでいる。渡辺正夫社長は「クルマで外出しても一カ所で買い物を済ませ、寄り道しない。35歳以上の女性の購買が減っており、家計を預かる主婦方の財布のひもは固い」と頭を抱える。

10050427840.jpeg

理由はどうであれ犠牲になる命が減る事は歓迎!!

10050528259.jpeg

そして、人間の食生活から肉食が無くなれば環境に優しく、穀物の価格が安定し、より多くの人の口に食べ物が行き渡る。はず。。
物価が上がる事は、並みのサラリーマンにはとても辛く苦しい。
でも、これはもともと人間がやってきたことが原因でしょう。
肉食をせず、自転車で通勤し、どうぶつの命にも健康にも経済的にも健全な生活を心がけ耐えていきます。

EDIT  |  00:32  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.08.10 (Sun)

■ NO MORE NAGASAKI ■ 

20080809-00000037-jnn-soci-thumb-000.jpeg

8月9日長崎は63回目の原爆忌を迎えました。
私は広島も長崎も原爆については体験しておりませんが、いづれもその地を訪問した事があり、原爆の恐ろしさを少しは感じ、これを決して忘れてはいけないと思っております。

昨日、多くのテレビニュースで長崎の原爆を経験されている方のインタビューが報道されていましたが、その中でであるお年寄りの方が言われていた言葉が、ありきたりかもしれませんが、すごく胸をうちました。
「若い人はもっと命を大切にしてほしい」  ※実際の言葉と少し違うと思いますが

そのとおりです。

自分の命も他人の命もそして、どうぶつや魚・昆虫など命あるもの全てに対してだと私は思います。
(若い人だけではありませんが)

この気持ちがあれば、物も大切にし資源も大切にし、当然戦争や争いはなくなってくるんでしょうけど。
ただ、人間は“欲”の多い生き物なので難しいかもしれませんが...

とにかく、原爆の悲劇を知っている国民として世界の核兵器廃絶を願います。

長崎市の田上富久市長が平和宣言で述べられた、医師として被爆しながら救護活動に尽力した故永井隆博士の言葉を引用した「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである」に共感します。

決して忘れてはいけない事です。核兵器・戦争の怖さ悲惨さを伝えなければなりません。
ナガサキ・ピースサイト「原爆・平和2008」
証言集「私の被爆ノート」
広島平和記念資料館
バーチャル・ミュージアム

心より広島・長崎で犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

EDIT  |  10:50  |  ひとりごと  |  Top↑
2008.08.08 (Fri)

■ FUR AWAY ~毛皮とサヨナラ~ ■ 

nofur.jpeg
NPO法人 動物実験廃止を求める会(JAVA)のチラシより。

FUR AWAY ~毛皮とサヨナラ~」
どうぶつたちの命を奪っているのは毛皮を買ったあなたです。
毛皮は血まみれのファッション
毛皮をとるために繁殖されるどうぶつたち。狭く汚いオリに、閉じ込められ、恐怖と苦しみから気が狂い、仲間同士で共食いをしてしまう程の虐待を受けます。その悲惨な状況の中でただ殺されるのを待つしかないのです。
口と鼻を筒でふさがれ、窒息させられる。こん棒で何度も殴られる。口とお尻の穴から電気を流される。傷がなく、高値のつく毛皮をとるために、どうぶつたちは、こんな残酷な方法で殺されます。まだ意識がある状態ではがされることもあるのです。
「ファッション雑誌に載っているから・・・」「憧れのタレントが着ているから・・・」流行に惑わされたあなた自身がどうぶつたちの“毛皮”と“命”を奪っているのです。
毛皮を買わないでください。
これ以上、どうぶつたちを苦しませないために・・・

どうぶつたちはこんなものに使われている
つけ襟、襟巻き、袖口、帽子など
・フォックス(キツネ) ・ミンク ・チンチラ(リスに似たどうぶつ) ・セーブル(テン) ・イタチ ・スカンク ・ラクーン(アライグマ)

ミュール、手袋、アクセサリーなど
・ハラコ(牛や羊の胎児) ・ラビット(ウサギ) ・ミンク

コート、ジャケットなど
・ミンク ・ラム(生後1年以内の羊の赤ちゃん) ・ラビット ・ビーバー ・リス ・フォックス

バッグなど
・ハラコ ・ラビット ・ポニー ・ハムスター ・ヘアシール(ゴマフアザラシ)

※犬や猫の毛皮も使われています。
 ハラコは妊娠した母親のお腹を切り開いて取りだした胎児の毛皮です。

以上がチラシから転載させていただいた内容です。画像はありませんが容易に想像がつくと思います。毛皮が無いと人間は生きられない?ってことは全くないことで、単なる人間のエゴと見栄だけです。(一部の地域の方は除きますが)

どうぶつの問題は数多くありますが、この毛皮問題が最も無駄で早く解決できる問題だと思います。
そうです、買わなきゃいいんです。
“買わない”だけでいくつかの“命”を救えるのです。

ほんとうにいつも思うことですが、発言に影響力のある方が声をあげていただければ良いのですが。

かるさんのブログ7月28日の記事での内容に共感しましたので私も団体名などの固有名詞を除き動物ではなく“どうぶつ”と書きたいと思います。
したがってチラシの転載も平仮名で記載しております。

a14.jpeg
また同ブログで知ったのですが、EUがカナダからのアザラシの毛皮輸入全面禁止・中国からの犬・猫毛皮、全面輸入禁止とのこと。
日本がいかにどうぶつ愛護に遅れた国なのか。

ガンジーの言葉通りです「国の偉大さ、道徳的発展は、その国におけるどうぶつの扱い方で判る。」
国会議員様、何か感じてください。

EDIT  |  14:50  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。