2008年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.07.24 (Thu)

■ どうぶつ実験の過ち ■ 

javabook.jpg

先日の『第2回うさぎSUMMIT』で購入したJAVAが発行している冊子を読みました。

〝動物実験の歴史的影響〟〝動物実験の現状〟〝動物実験の危険性〟〝臨床実験の重要性〟〝動物を使用しない方法〟〝なぜ、動物実験は行なわれるのか?〟などについて書かれています。
主に医学に対しての実験についての内容でした。

人間と他の動物とでは、体の組織も病状も生理機能など多くの相違があるので、命と引き換えのデータとしての信用性は低いと感じられます。
それと、ここにも動物実験により経済的利権を得る人々がおり、それらにより存続されている事は否定できないようです。
それと、医学(医療・薬)にばかり目が行きますが、問題なく止めなければならないのは化粧品における動物実験ですね。実験無しでも頑張っている企業は沢山あります。本当は大手企業が先頭を切って廃止して欲しいのですが、現状はほぼ真逆のようです。

今の私の知識は動物実験反対側からの情報であり、自分の知識の中で全てを判断する事はとても難しい事です。ただ、もし動物実験が医学的に有効であったにせよ人間の医学の進歩の為に動物の命を犠牲にして良い物ではないと思う気持ちには変わりありません。
もし動物実験が無くなり医学の進歩が止まり、その理由で自分が命を落とす事があったとしても、それを素直に受け入れるでしょう。
その裏で数え切れないほどの命が助かっているのなら...


人間って酷いよね。動物実験・畜産・毛皮などすべて“生きる為”が“大義名分”となっていますが、結局は儲けるためです。

スポンサーサイト

EDIT  |  15:56  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.07.18 (Fri)

■ 第2回うさぎSUMMIT ■ 

うさぎSUMMITへ行ってきました。
平日に関わらず大盛況でびっくりしました。これだけ多くの方が、小さな命とその命のためにがんばっている人たちを応援しているんだな!ってあらためて勇気を頂きました。
主催している方の頑張りを見ていると自分の無力さを感じてしまいます。
今回も多くの団体などの資料などをいただき勉強や活動などに利用したいと思います。
us080718.jpg
【資料】
特定非営利活動法人アニマルライツセンター
NPO法人 動物実験廃止を求める会(JAVA)
日本にアニマルポリスを誕生させよう!
などの団体より用意いただいたたくさん資料がありますので、ご存知の方は多いと思いますが、おって紹介したいと思います。

画像にはありませんが、今日購入した物はうさぎ柄Tシャツ1枚・うさぎ柄タンブラー1個・うさぎSUMMITステッカー1枚・カンバッヂ4個・冊子「動物実験の科学的・医学的過ち」1冊。

主催される方は大変だと思いますが「是非、来年も開催してください!」
そしてまだ行っていない方宜しければ7月20日(日)まで中之島の大阪市中央公会堂地下ギャラリーでやってます!!
詳しくはうさぎSUMMITをごらんください。

頑張っている方を見ると自分の無力さを感じますが、今の自分に出来る事はこのような催しや活動に出来るだけ参加し盛り上げる。ブログでの動物愛護の啓発。動物性食材を食べない・動物性製品を買わない。愛護団体の支援をする。
まずこれだけは続けて行きたいです。


EDIT  |  21:54  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.07.13 (Sun)

■ 第2回うさぎSUMMIT ■ 

昨年行った「うさぎSUMMIT」で大変勉強になり、とても共感できた催しでしたので今年も休みをとって行きます。 

うさぎSUMMIT

この「うさぎSUMMIT」は小さな命とその命のためにがんばっている人たちを応援する啓発催しです。
ショーや楽しいプログラムはありませんが頑張っている人たちの活動をご欄下さい。

楽しいだけの催しではないということをご理解のうえ、よろしければ足を運んでください。



EDIT  |  21:46  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.07.10 (Thu)

■ 牛のゲップ ■ 

20080710-00000022-nnn-int-thumb-001.jpeg


ストップ!温暖化 牛のゲップを直接!回収
 “ストップ!地球温暖化”に向け、アルゼンチンでは、牛にタンクを背負わせ、直接、胃とチューブをつないでゲップを回収している。
 アルゼンチンでは、牛が食べ物を消化する際にはんすうして出すメタンガスが、地球温暖化の原因の一つとして研究が進められている。これまでの研究で、アルゼンチンの温室効果ガスの約30%が牛から出ている可能性があると判明したという。


以上のニュースがテレビ等で報道されていましたが、「いまさら何を研究してんの?」って言いたいです。
国連食糧農業機関(FAO)が2006年には、家畜、特に牛が世界一の環境破壊者となったという調査報告を発表しています。「菜食のススメ」より
と言うより、こんな酷い方法でしか研究できへんのかな?




EDIT  |  23:41  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.07.05 (Sat)

■ 遺産の使い道 ■ 

2008年7月4日 朝日新聞記事より

20080704.jpeg


「遺産8000億円、犬のために」 NYの故ホテル女王

 【ニューヨーク=立野純二】米ニューヨークの「ホテル女王」として知られ、昨夏87歳で死亡した富豪女性が、最大80億ドル(8千億円)の遺産を犬の保護と福祉に充てるよう求める遺志を残していたことがわかった。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、女性はホテルチェーンなどを経営したレオナ・ヘルムズリー氏。

 死亡直後は、1200万ドル(12億円)を愛犬のマルチーズに与える遺言を残したことが報じられたが、その後、未処分の不動産を含めて50億~80億ドルにのぼる同氏の公益信託を、多くの犬のために使うよう求めた署名入り文書もあることが明らかになった。

 約50億ドルとしても全米の動物愛護団体の資産合計額の10倍ほどになるという。文書は正式な遺言書ではないことなどから、管理人たちは犬に限らないで、より広い範囲の慈善事業にも使えないか法的な検討を進めている。

 同氏は脱税の罪で服役した過去もあり、大衆から嫌われることが多かった。マルチーズにはその後、殺害をほのめかす脅迫状が届くなどしたため、警護に年間10万ドル(1千万円)かかっているという。




この記事を読んで自分にも資産があれば。。。死んでからではなく生きている間に動物たちの為に何かもっと出来るのに、って良く考えている事を強く感じました。
でも、人間はお金を持つと考えが変わるんですかね?意外とお金持ちが、寄付しているお話は聞きませんが。(ニュースにし難いだけかもしれませんが。)

よくポリと話をするのですが「お互いどちらかが先立ったときには保険などで、余生に最低限必要なお金以外が出れば動物愛護団体に寄付するなどして動物の為に役立ててもらおう」って。
※大した保険には加入していませんが。

我が家には遺産を引き継ぐ子供はいません。
お金を残しても何もありません。
それであれば、今まで何も知らず肉を食べたり、動物愛護にも関心を持っていなかったり、出来なかった事が沢山あるので、最期くらい動物に役立てていただき人間の犠牲になった命の為に償いの気持ちを表したい。(かなり大げさでした)

EDIT  |  14:11  |  どうぶつ  |  Top↑
2008.07.03 (Thu)

■ 動物実験反対LUSHへGO ■ 

「私たちの思いが社会を動かす!LUSH」でご紹介した「動物実験反対!」のイベントへ行ってきました。
LUSH0703-2.jpg

限定数8枚のTシャツをもとめてLUSHへ。

開店前に着くように準備をしながら、先着8名に入りたい反面、先着にもれるくらい並んでいて欲しい気持ちも少しありました。
結果は見事ゲット。缶バッチもゲット。
早速、お約束どおりに店内で着用。
プレゼントのTシャツにしては生地も縫製もしっかりした物でした。

「動物実験反対!!」

ほとんどお客が女性であるあることから、用意されたサイズがSとMしかなく普段LL又はXLを着る私にとってはMは“厳しい”。
でも何とか着ることが出来ました。ホッ
まるでチビT。
なんとなくマッチョな人がムチムチのTシャツを着る気持ちが少しわかった気がします。

ピンクのTシャツをポリとペアルックでショッピングセンター内と近所の自転車屋をうろうろ。
傍で見る方には、まるで林家ぺーとパー子のように見えたでしょう。

一緒に出かけた娘達もJAVAの動物実験反対ステッカーをつけてアピール!!

LUSH0703p.jpg

LUSH0703k.jpg


今後もこのような取り組みが続き、更に大きな声になって、小さな命が無駄に亡くなって行かないことを祈ります。

夏休みの旅行にも着て行こう。

EDIT  |  17:46  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。