2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.-- (--)

■ スポンサーサイト ■ 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑
2008.05.01 (Thu)

■ ミスター・マクドナルド ■ 

chiahei☆amigoさんの☆Pigs are friends☆より転載させていただきました。

数年前まで何気なく、“ヘルシーだから”“クーポンがあるから”とか言いながら、気軽に食べていたマクドナルドやケンタッキーのチキン。
もっとこの現実を早く知っていれば。いや、知ろうとしていれば。
申し訳なく、恥ずかしく、情けなく後悔ばかりです。
現実を出来るだけ多くの人に知ってもらいたい気持ちでいっぱいです。



【転載記事】
**********************************

鶏を殺す作業は、昔から気持ちのいいものではなかった。
鶏は頭を失ってからも数秒ほど走り回れるという話を多分聞いたことがあるだろう。

マックナゲットやケンタッキーフライドチキンのクリスピーを作るために毎年殺される数十億羽の鶏達は、頭を失って走る機会などもてない。
巨大な処理場で、高速の鎖に足を縛りつけられ、逆さに吊るされて、何千羽の仲間と共に運ばれていく。
pigs-1.jpeg

処理場は金網の塀に囲まれた白い建物だ。トラックが積んだ籠の中では、沢山の鶏がひしめき合い、けたたましく鳴き、金属の格子の間から白い羽を覗かせている。
pigs-2.jpeg

処理場に着くと、鶏の籠はベルトコンベヤーの上に横倒しにされる。
鶏は公園の滑り台に似たスロープを転がり落ちていく。
着地したら、作業員がその脚をつかんで、頭上を動いている鎖にくくりつける。
鎖はさかさまの鶏を運んでいき、電気の流れる水に浸す。
電気によって鶏が意識を失う仕掛けだ。
pigs-3.jpeg

きちんと電気ショックを与えられた鶏は、次に起こることを感じずに済む。
だが、なかには、体をよじったり羽をばたつかせたりして水を避ける鶏や、水から出てきてもまだしっかり意識のある鶏がいる。
数年前、マクドナルドは、彼らの納入業者が処理する鶏のうち、100羽に1、2羽はこの失神風呂では気絶しない事を認めた。
pigs-4.jpeg

次に起こる事は、失神した鶏にとっては痛くないが、まだ意識のある鶏にはむごい仕打ちだ。動く鎖は鶏達を鋭い回転刃のもとへ運び、喉をかき切られる。
この刃は、ほぼ全ての鶏達を確実に殺す。
pigs-5.jpeg

ところが、時折まだ意識のある鶏が、首をそらして刃を逃れることがある。
すぐ後でその鶏は苦痛に満ちた死を迎える。
煮えたぎる湯のタンクに浸されるからだ。この熱湯タンクによって、羽が取り除かれる。
タンクの中はまるで、泡立つ血なまぐさい魔女の液体のよう。
どんな鶏も、この熱湯タンクからは生きて出られはしない。
この時点でなんとか生き長らえていた鶏は、生きたまま茹で殺されてしまう。  
おいしいハンバーガーのこわい話本文より

ミスター・マクドナルドってご存知ですか?
マクドナルドをはじめ、ファーストフード業界向けに育てられている鶏です。
大きな胸を持ち、短期間で大人になるように品種改良されています。
中には胸が大きくなりすぎてまともに歩けない鶏もいます。その脚は重い体重を支えるせいで、酷く曲がって、水分が溜まってむくんだ状態。
心臓病を抱え、心臓発作を起こす鶏も少なくありません。
彼らは生きている間にもずっと痛みや苦しみに耐え、死ぬときまでも苦しむのです。

安くて手軽で、子供達も大好きなチキンナゲットの実態・・・
この鶏達の苦しみを知っても可愛い我が子に食べさせますか?

**********************************


大企業として社会貢献も人間社会にはされています。
でも人間だけが幸せであれば良いのでしょうか?
このまま人間がエゴを貫き通せば、きっと人間に返ってくるでしょう。
自分自身でなくても、大切な子供達などに。

そして一番感じて欲しい事は、この鶏たちも私達人間と同じ恐怖や痛みを感じているんです。
自分がこの鶏たちの一羽だったら。
足を鎖にくくられ逆さに吊るされ運ばれていくこの恐怖。

マクドナルドやケンタッキーの新規出店やCMを見るたび胸が痛くなります。



スポンサーサイト

EDIT  |  15:03  |  どうぶつ  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。